お問い合わせ
close

All the members All one’s power

Move onward

原点に返り本質を追及する

私自身、24歳から不動産業界に入り営業マンとして様々な案件に関わってきました。

大抵の場合、まわりの環境によってそれぞれの色に染まるものですが、お客様とお付き合いをしていく中でジレンマに感じることも多々ありました。

それは、どれも不動産業界において「常識」である事ばかりであり、業界に身を埋めていれば誰もが見過ごしてしまうことだったかもしれません。
不動産業界の常識は本当に常識といえるのか、日々疑問に思う中で、会社を立ち上げ“不動産業とは何か”、“お客様のために何ができるのか“を原点に返って見つめ直し本質を追及しようと思った次第です。

会社とは第一に社員、第二にお客様に向き合うべきと考えます。
うわべだけ言えば「お客様が一番」と言うのが正しいのかもしれません。
しかし、それもジレンマに感じることのひとつであり働く社員の支持があって初めてお客様にも支持をしてもらえると考えています。

私は、仕事の原点とは人だと考えております。
仕事をしていくにあたり、日頃個々やるべき事がある事が当たり前の中、“一人では絶対に仕事はできない”、“仕事でかかわる人たちが働く社員を見て会社を評価する”と考えております。

会社は利益がなければ潰れてしまうが、その利益を生み出すためには必ずそこで働く社員がいるのを忘れてはいけないのです。
同様に、企業の信頼も誠実にコツコツと積み上げた結果がつくり出すものです。
今はまだ立ち上げたばかりで大きな信頼は得られにくいかもしれませんが、本質を追及することで必ず多くの方々の信頼を得る企業に成長していけると確信しています。

代表取締役 三枝 翔

TOP